読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここだけのはなし

10人見れば、10通りの解釈がある。日常にてふと思ったことを自分なりに綴ります。

「ファイテングポーズ」を取ることの意味~重馬敬さんとの対談とロッキーと狼と~

エッセイ・随筆

1 常にファイティングポーズを構えている人たち

 

f:id:ryuuraita:20160923171303j:plain

 

本格的にライターなんてやっている内に、すでに年末までのカウントダウンが始まる時期になってきた。1日1日がまるで流星のように消えていくのを、僕はそこからなんとか明日へつながる星くずを拾い集める。そんな砂を掻き続けるようでありながら、不思議と未来へのトンネルは見えてくるような日常を送っている。

 

その中で付き合っていく人たちも、徐々に変化していったように感じる。もちろん今までの人間関係が壊れるとかいう意味ではなくて、より同じ発想やベクトルの方向が同じ人との濃度が濃くなった、というような感覚である。

 

その要素の1つに「ファイティングポーズを取り続ける」というものがある。

 

2 常に全力で立ち向かう

 

周りの人はとにかく拳を下げない。今やプロとして活動し、過去には誰もが知っているようなゲームタイトルのシナリオを書いている人だって、今でも新人と同じように賞へ応募している。

 

僕はとある機会に「シナリオ工房月光」という、シナリオ制作会社の代表をされている方とラジオで対談させていただいた機会がある。

 

シナリオ工房月光 重馬敬さんインタビューラジオ

↓↓↓

honmaru-radio.com

 

この話の中でも、代表である重馬氏は「常に挑戦を続けること」を止めていない。

 

さらに、シナリオを見ていただく機会もあったのだが、そこでも僕のシナリオをきちんと評価してくれた。厳しいながらも、それはどれも的確で、別に悪く言うためではない。それはきちんと「研磨」するための道具となる言葉だった。

 

きちんと人の評価ができるのは、僕はその人が自分のフィールドで戦い続けているからだと思った。戦っている人は、常に勝つための手段を考え続ける。だから、僕に足りないものや今後の方向性などの提案もどんどん吐き出してくれた。出し惜しみなんてない、こんなしがないライターにも全力だった。まさにファイティングポーズを取っていた。

 

3 戦うことは誰かを蹴落とすことではない

 

f:id:ryuuraita:20160923171059j:plain

 

 

僕は「ロッキー」という映画の影響もあって、ボクシングが大好きである。あの映画の何が人を惹きつけるのかと言えば、もちろん1人の男が愛する女のために戦い続けるところである。だけど、僕にはそれ以外に「戦いの描き方」にあると思う。

 

ロッキーは負け、ライバルのアポロは勝つ。しかし、この戦いで2人は何も失っていない。お互いに自身のプライドをかけ、自分の守りたいものを守るために戦う。

 

普通ならば、勝負をすれば勝ち負けが出る。それは出る、勝負なのだから。しかし、それはシンプルなスポーツ的な結果でしかなくて、それぞれの人間が抱える本質的な問題ではないし、その勝敗に周りの人間が何を感じようが勝手なのである。今の僕のように。

 

しかし、そうしたシンプルで自分の尊厳や大事なものを掛けた戦いほど、人の心を打つのである。彼らは自分の手にしたいものに向かってシンプルに立ち向かい、何物にも染まろうとしない姿が雄々しく見える。

 

4 狼は勝負で命まで奪わない

 

f:id:ryuuraita:20160923171014j:plain

 

現代では様々な人がさまざまな情報をやり取りする。ネットではまるで人が人のやることをイチイチ監視しているようで、反対に誰かの注目を浴びたくてどうしようもないような人ばかりのように感じて辟易とすることがある。

 

その点、勝負はシンプルでいい。勝負に集中しているときは雑念を忘れることができる。本当の意味で無我の境地に立った気分になれる。誰かから注目されたくて始めた勝負も、次第に自分が最も集中できる時間になっていた人もいるんじゃないかと思ったりする。

 

僕はこうした、本当に集中できる勝負というのは、必ずしも命のやり取りである必要はないと思っている。中にはそう考えない人もいるかもしれないが、本当の勝負とは狼のようであるべきだと思ったりする。

 

狼はナワバリ内でトップを決めるとき、勝負をする。その勝負で負けた狼は、命を取られることはない。負けた狼は自分からナワバリを去り、別の場所で自分のコミュニティを形成するのである。

 

今では勝負に負けたものは人生のどん底に落ち、ネットでは誹謗中傷の的になる。しかし、本来命を掛けたもの同士ならば、その健闘を讃えて、お互いの世界を広げるべきなのではないかと、僕は思ったりする。今では強者がすべてで、まるでその人にこうべを垂れていればいいような事勿れ主義が蔓延しているようで、個人的には鼻に付く。

 

別に敗者の擁護や、弱者への救済措置を述べたいのではない。ただ、周りの人間が何も知らずに、勝負に負けた人間を叩く姿に耐えかねないのである。

 

5  ファイティングポーズを取り続けるのは、生きていることの証明

 

f:id:ryuuraita:20160923170939j:plain

 

 

戦い続ける人間はストイックで、時には讃えられることもあれば、時には孤独になってしまうものだと思っている。だけど、それでいいんじゃないだろうか。勝ち続けるのも疲れるだけ出し、勝ち続けることが目的になっている時点で、それは勝負の本来の目的を忘れていることと同義だと僕は思う。

 

僕の中でだけれど、戦わない人は負けることは無いだろう。しかし、勝つこともない。それは、ニュートラルでは無くて存在しないことと同義なのではないかと感じるし、自分で勝負しない人ほど他人の結果に口出しをする。

 

理由なんて簡単である、その方が楽だからである。

 

映画に「おとなのけんか」というものがある。これは子供の喧嘩に大人がししゃりでる姿を皮肉った、内容的にも映像的にも舞台チックな映画になっている。

 

この大人の姿を見ていて、僕たちは喧嘩や勝負の仕方を忘れてしまったのではないかと感じてしまう。あまりにも平等という言葉や、平和的という言葉に毒されてしまい、僕たちはその便利な言葉を教祖のように崇めているだけで、本来の意味なんて忘れているんだと思う。

 

平和や平等という言葉で大事なのは、その言葉自体ではない。その言葉を理解し、別の形で表現しようとする姿勢そのものであると、僕は思ったりする。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

 

 

線路は続かない、どこまでも ~勇者編・1~

f:id:ryuuraita:20160831175006j:plain

 

1・

 

「おお、勇者よ。なんと情けないことか」

 

俺はゆっくりと目を開ける。

 

外にいたはずなのに、なぜか天井が見えた。

 

寝たまま首をグイグイと左右に動かしてみると、

 

木製の椅子が規則正しく並んでいた。

 

周りは白い壁で、遠くに見える大きな扉は

 

木製で黒く塗られていた。

 

「聞いておるのか、勇者よ」

 

俺は声がする方を向いてみる。

 

そこにはシスターがいた。

 

白いローブを被り、紺色の

 

修道服を身にまとっている、

 

正真正銘に修道女だった。

 

「早く起きなさい、勇者よ」

 

俺は手を無理やりグイと持たれ、

 

修道女によって立たされる。

 

「まったく、だらしない勇者だことで」

 

「顔のわりに、きついことを言うんですね」

 

「どういう意味です?」

 

「いや、きれいで怒りそうにない顔立ちなのに。

 

なんかギャップがあるなと思って」

 

修道女は赤面するかと思えば、

 

主祭壇においてあった聖書を手に持つ。

 

「あなたという勇者は、なんと不届きな!」

 

修道女は太めの聖書を、思い切り俺に振りかざしてくる。

 

「世界のベストセラーで何をする!」

 

俺は慣れたように後ろへ飛ぶ、

 

体が勝手に宙返りをして。

 

「……あれ」

 

「なにを驚いているのですか!」

 

「なんでこんなに、身軽なんだ?」

 

「何を言っているのですか」

 

「いや、普通宙返りなんてできないから」

 

「あなたは勇者なのですよ。宙返りぐらいできるでしょう」

 

「そもそも!」

 

俺は修道女に詰め寄る。

 

「勇者、勇者って。さっきからあんたは何言ってるんだ?」

 

「お前こそ何を言っているのだ、勇者よ。

 

お前は世界を救うために立ち上がった勇者であろう」

 

「そんな訳ねえだろ。これがどんなアトラクションか

 

知らないけれど、勇者なんているわけないだろ」

 

「バカも休み休みに言え。それに……」

 

彼女の次の言葉が、

 

俺を最も恐怖のどん底に突き落とした。

 

「俺などと申しているが、

 

お前は女だぞ」

 

----------------------------------------------------

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

 

線路は続かない、どこまでも・7

 

f:id:ryuuraita:20160830111813j:plain

 

7・

 

 俺が異形の存在の出現に困惑している間に、

 

彼らが乗っている電車は走り出してしまった。

 

誰もその電車から降りること無く、

 

乗り込むこともないまま発車してしまった。

 

俺は何もできないまま、

 

その場に立ち尽くしてしまう。

 

これから何をしていいのかもわからない。

 

この気持ちは、まさに大学4回生に

 

就活しているときと全く同じで気持ちだった。

 

何も知らず、何者にもなれない俺は

 

ただ大学に行って勉強するしかなかった。

 

そうやって大多数に混じり、

 

何とか生きていくしか方法がないと思った。

 

しかし、そんな慎ましい生き方も、

 

とある国が咳込んだだけで

 

簡単に崩れ去ってしまった。

 

俺たちのような「勉強してなさい」と

 

刷り込まれた子どもたちは、

 

考えることを放棄してしまった人間は、

 

考える葦以下だった。

 

ならば群れれば。

 

群れていれば、多少は危険なことからも

 

守ることができる。

 

しかし、俺にはそれができなかった。

 

他の人と同じようにすることができず、

 

集団から漏れて、孤独になった。

 

自分が選んだわけではない。

 

ヌーの群れから離れてしまう

 

弱い個体のように、俺は落第したのだ、

 

俺は先ほど走り去った電車を今更

 

追いかけ出すため、足を動かし始める。

 

しかし、今更走ったところで

 

追いつくわけもない。

 

人より鈍臭いのに、

 

他の人に追いつく為に

 

同じ速度で追いつくわけがない。

 

相手は澄ました顔で、同じ速度で

 

トクトクと走っている。

 

何事もないように走っている。

 

俺にはそれが無性に腹正しいと共に、

 

無性に羨ましくて、

 

走っているのか泣いているのか、

 

わからないほど息が荒くなって、

 

しまいにはこけてしまい、

 

ブラックアウトする。

 

……暗転。

 

-------------------------------------------------

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

 

 

 

救いを求める大人、自由を求める子どもたち

f:id:ryuuraita:20160805234157j:plain

 

俺は最近、「児童福祉士」について調べることがあった。

 

「児童福祉」とは、いじめや虐待、育児放棄を受けた子どもたちの心のケアを主に生業としているようである。ほかにも身体的障害・発育障害を持った親御さんのフォローにも努めているとのことだ。

 

「児童福祉」と聞くと、どうしても子どもにフォーカスした仕事だと思いがちだが、実際のところは親への育児に関するフォローや相談も業務の中に入っている。私としても育児とは「子ども」だけのものではなくて、「親と子ども」はセットのように思っている。子どもだけでも、大人だけでも「親子」にはなれないのだから。

 

もっと調べてみると、現代では児童福祉士の数は増えており、それは悩んでいる人や虐待に合っている人が増えていることを意味する。しかし、もっと言えば「育児に悩んでいる親」も同じぐらい増えているんだと思った。

 

近年で虐待相談数は7倍近くになった。

suzie-news.jp

 

昨今、児童虐待事件が多く報じられています。厚生労働省の発表によると、平成26年度、全国の児童相談所での児童虐待相談対応件数は8万8,931件。児童虐待防止法施行前の平成11年度に比べると、7.6倍にも増えています。

 

虐待だけで見てもこれだけの数になっているのだから、育児に関する相談や問題というのは、表面になっていないものを含めればもっとあるのだと思う。

 

先日、東京出身の人に「東京では副業が当たり前」という話を聞いた後、、どうして政府がマイナンバーを導入したいのかちょっとだけ得心が言った。問題が表面化しているときには、すでに問題ではなくて「事件」や「事故」という形で出現するのだと思った。

 

私は今の仕事に集中する前は塾講師の仕事をしていた。そのときでも、シングルマザーや経済的にギリギリそうに見える子どもたちは割と見かけた。私のような地方都市の人間でもこうした人たちをみるのだから、東京などの都心になればマンホールの下で暮らしたり、すでにストリートチルドレンなどがいるのではないかと思ってしまう。実際、私が知らないだけでいるのだろう。私が想像できてしまうぐらいなのだから……。

 

私は子どもを持っている訳でもないので、あまり偉そうな意見を言えるわけではない。だが、スマホばかりみて子どもが店内を走っている姿を放っているような親御さんを見ていると、やはり「虐待」や「ネグレクト」と言った問題は、自分とまったく関係ないとは思えない自分がいた。

 

なぜ大人たちは過保護・無視をするのか。

 

www.b4s.jp

 

「虐待」という言葉は、悩みながら子育てをしている親を追いつめ、かえって外から見えにくくしてしまうという指摘もあります。一方で、少子化に伴い増えてきている親の「過保護・過干渉」も子どもの成長にとって深刻な問題であると考えられています。

 

誰もが完璧な育児なんてできると、そもそも私は思っていない。しかし、誰もが同じような育児や教育をしようと思っている。そんな発想が今の、しんどい「育児」みたいな環境を作っているのではないかと私は思ったりする。

 

これは仕事などでも感じるところなのだが、私の上の世代の人は、後輩などに「自分と同じようにする」ことを求めているように感じる。それがある種の正解だとは思う。先輩のまねをすることで、仕事は覚えることができると思う。しかし、それは結局のところ「過保護」につながっているように感じる。

 

これは反対の「無視」でも言えることだと思っている。新入社員に対しても何の指導もせず、基本的なことは「見て覚えろ」というだけで、何も指導しない。これはアメリカでよく言われるところの「床上手な処女を探せ」と言っているのと同じだと思う。

 

どちらにしても、今の若い世代の人たちには、昔の人のような欲望の強さや精神的なタフさは備えていないかもしれない。しかし、上の世代の人たちは「能力を引き出す力」は欠けているに私は感じる。これは時代的に、教育が「平凡な仕事をこなす人」を作るようになっているのに、仕事では「即戦力」を求める作りになっていることにも起因していると思うなど、かなり個人的な感覚でしかない。

 

だが、この感覚が間違っているとは思わないし、先日みた「シン・ゴジラ」でも描かれていたように、私の上の世代が考えていることと、今の若者が考えていることや発想の仕方には大きなかい離が生まれているのは確かだと思う。

 

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

大人も「教育」に熱中している。

 

今では私の地域でも「コンサルタント」と呼ばれる人たちがひしめきあっている。「コンサルタント」という言葉にあまりいい印象を持っていない人も多くいるが、私としては知り合いにきちんと仕事をしている人もいるので、一概にすべての人が「悪い」というつもりはない。結局のところ、私はこの人種を「使う」人や「利用」する側にも問題があると感じているからだ。

 

今は大人の人たちでも、これからの生き方について考えあぐねいている。どうすればこの不景気の日本でも生き残ることができ、損をしないのかばかり考えているように感じる。

 

だから、どの大人も「レッスン」や「セミナー」にこぞって参加して、知識を得ようとする。しかし、その知識を利用している人がいるかどうかと言えば、それもまた「利用者」の問題なのである。どれだけセミナー講師が話をしたとしても、実践するのは半数いるかどうかである。下手すれば1割の人が実践すればいいほうである(これもセミナーを実際にしている人からの体験談による)。

 

今の若者たちは、先代の人やセミナー講師、ハウトゥー本から得た知識を「焼きまわし」されているだけに過ぎない。これで健全な知識を得たり、技術を学べるかと言えば、それは難しいように感じる。みんなが「同じこと」をできるように求められる限り、どの人もがハウトゥーの焼きまわしを繰り返すのだと思うと、私個人としては辟易としてしまう。

 

これは、育児でも同じである。明らかな「間違い」は正すべきだと思うが、人それぞれ千差万別なのだから、「ちょっと」した違いが各家庭で発生するのは当然なのではないかと思う。だが、誰もが「正解」という解答を求め、「家族」というハコに同じようなモデルを詰め込もうとしている。私が見る現代とは、このようなイメージである。

 

大人は救いを求めて、子どもは自由を求めている。

今の大人たちは、先ほども紹介したハウトゥーなどに救いを求めているように感じる。これに対して子どもたちは、どこまでも「自由」を求めているように思う。

 

www.sankei.com

 

最近では、現代では高層マンションに住む子どもが高さの危険性を認識できず、転落死してしまうことが増えているらしい。この背景に、子どもが自由に動けるスペースが減っていることが起因しており、子ども自身が危機管理能力のコントロールが難しくなっているらしい。

 

体を使うことで、自分自身の身体の限界を知ることができます。ここまでの高さなら飛び降りても大丈夫だけど、これ以上の高さはまだ危ない、など。そうすることにより、子どもが自身で危険をコントロールできるようになり大きな怪我をしにくくなります。

https://meotalk.jp/childcare/4446

 

この考えが絶対などと言うつもりはないが、今ではちょっと危ないことをすれば訴訟、賠償、弁償という世知辛い言葉ばかりが先行し、子どもが自由に遊べる場所が少なくなっているのは事実だと思う。日本という狭い国土では仕方ないことかもしれないが、現実世界では子どもが自由にできる場所があまりにも少なくなってしまっているとは感じる。

 

しかし、それはすべて大人の「事情」である。子どもに「何でもできる」と誤解させるのはよくないが「挑戦してみる」ことの余裕は必要なのではないかと感じてしまう。どうしても「コスト」のような価値観が先行し、がんじがらめになっているようなイメージはある。

 

だが、子どもたちは自由を求めている。求めた先が、インターネットであり、そこでの自由な創作活動やコミュニケーションにつながっているのだと思う。大人がさまざまなことを制限した結果、スマホに辿りついた子どもたちが「スマホしてはダメ」なんて言われた日には、子どもが発狂しても仕方ないと私としては思ってしまう。

 

別に「昔が良かった」などと回帰主義を唱えるつもりはまったくないが、もっと私たちなりのアプローチを間違いながら、遠回りしながら、地道にやっていくしかないと私個人としては思ってしまうわけである。人間がいきなり賢くなるような「賢者の石」など、この世には存在しないのだから。

 

---------------------------------------------------

 

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

 

 

 

線路は続かない、どこまでも・6

f:id:ryuuraita:20160826135318p:plain

 

6・

 

俺は自分が降り立った駅まで戻ってきた。

 

自分が降り立ったのは街中を走る市内電車の駅で、一定の地域をぐるりと回るように走っている。

 

駅には1両編成の電車がやってきており、俺は人が降り立ってくるのを待った。

 

しかし、そこには誰もいなかった。

 

俺がそこで見たのは、電車に乗っている異形の怪物であった。

 

電車内には毛だらけで、人の胴体ほどの大きさである不定形の塊が、何十本かの触手らしいものだけで浮いていた。

 

浮いていた、というよりも立っている、と表現するほうがいいのであろうか。

 

触手の1本はスマホを持っていた。

 

画面に触手が溶け込んでいるような形で、スマホには生き物の血管のようなものが走っているように見えた。

 

電車から異形の存在は、誰も降りてこようとしない。

 

異形の存在は電車パンパンに詰め込まれており、誰もがスマホを持って、何かとコンタクトを取っているように見えた。

 

その光景はおかしいと思う自分はいるが、そこに対して自分が何か働きかけることができない。

 

数の暴力が俺の行動を縛り、まるで「この世界ではお前のほうがおかしい」というような圧力さえ感じる。

 

異形の存在は全く俺のほうを向くことはなく、集まって「ここにいるよ」という主張をしているように見えた。

 

電車は俺のことなどいないとでもいうように、誰も降りてくることなくどこかに向かって走り出した。

 

俺はそれに乗ろうとはしなかったし、乗りたいとも思わなかった。

 

まるで循環線のように、同じようなものだけが集まっている場所に、俺は混じりたいと思えなかった。

 

------------------------------------------------------------------

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

 

線路は続かない、どこまでも・5

小説

f:id:ryuuraita:20160825182311j:plain

 

5・

 

目が覚めたとき、電車はすでに停車していた。

 

俺は重い頭をもたげながら、窓から外の景色を覗いてみた。

 

窓から見える建物は手入れが行き届いておらず、外壁が崩れていたり、屋根の塗装がはがれたりしていた。

 

俺は体を起こし、おそるおそる電車から外に出てみた。

 

まるで早朝のように暗く、白いモヤが掛かっていた。

 

遠くを見ようとしても、見えないほどにモヤが掛かっている。

 

俺は降り立った駅名を見てみるが、駅名は「存在しない街」となっていた。

 

存在しない街、どこだそれは……。

 

俺はぼそり、と言葉にしてしまった。

 

存在しない街、なのに駅名になっているという矛盾。

 

ここは本当にどこなのだろうか。

 

俺が知っている街、ではないことは確かなようである。

 

確か、と思い込まないと俺の精神は石ころ1つぶつけられただけで崩れ去りそうだった。

 

とにかく駅から離れ、周辺を散策してみることにした。

 

少し歩いただけでも、大きなビルや一軒家、デパートらしい建物が立ち並んでいるのがわかる。

 

おそらく街の中心街で、人々が多く集まる場所であったと思われる。

 

しかし、そのどれもが時間経過によって汚れや老朽化が目立ち、使われていないことがわかる。

 

この街には誰もいないのだろうか。

 

むしろ反対に、こんな場所で人になんて遭遇したとしても、俺は頼ることなんてできそうにない。

 

こんな街に居つく人間なんて、浮浪者や火事場泥棒以外にいないだろう。

 

俺は自分が電車に乗っていた経緯を思い出そうとする。

 

俺は駅のホームを移動しようとしたとき、地下の道を通っていた。

 

そのとき、フードを被った怪しい人に刺されてしまった。

 

刺された後、俺はなぜか電車に乗っていた。

 

その電車に乗って「存在しない街」にやってきていた。

 

俺は自分が生きていることさえ認識できない。

 

「われ思う、ゆえにわれあり」という言葉なんてあるが、今はそんな言葉が本当に言葉でしかなくて、何の役にも立たないと思わざるを得なかった。

 

途方に暮れているときガシャンガシャン、という音が聞こえてくる。

 

俺が降りた駅のほうから、電車が走っているであろう音が聞こえてきた。

 

俺は一縷の望みを持って、降りた駅に向かって駆け出していく。

 

------------------------------------------------

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

 

 

 

線路は続かない、どこまでも・4

f:id:ryuuraita:20160824174143j:plain

 

4・

 

俺は目が覚めると、電車の中にいた。

 

高級な電車というよりは、田舎町をつなぐような、

 

いわゆる「ドンコ」と言われる各駅停車の電車のようだった。

 

俺はさきほど刺された場所を調べてみるが、

 

どこにも異常は見られなかった。

 

窓から見える景色はどこか現実感が無く、

 

自分がこの電車にいつ乗って、

 

いつ降りるのかわからなかった。

 

 

線路は続くよ、どこまでも~♪

 

 

俺の頭には、ふいに子どものころに聞いた

 

童謡のフレーズを思い出してしまった。

 

線路はどこまでも続くだろう、でもそこには終わりがある。

 

物事には何にだって終わりがあるものだ。

 

線路に沿って、電車に乗って旅をする人にも、いずれか終わりがやってくる。

 

長いシベリア鉄道にだって、ウラジオストクという終着駅がある。

 

何にだって終わりはある。

 

終わりがあることは悪いことではない。

 

だが、しかし、俺がいた世界ではみんなが「終わり」を拒否しているように見えた。

 

いつまでも自分がのさばり、勝とうとしているような気がした。

 

それが死肉に群がるゾンビのように見えて、俺には醜い姿だった。

 

この電車もそうなのだろうか。

 

終わりのない、終着駅のない、同じ線路を永遠と走り続けるのだろうか。

 

それとも、確実な終わりに向かってこの電車は走っているのだろうか。

 

何もわからない、でも、不安はなかった。

 

俺は自分の体を電車にゆだね、終着駅に付くのを待つことにした。

 

----------------------------------------------

ryuuraita.hatenablog.com