ここだけのはなし

10人見れば、10通りの解釈がある。日常にてふと思ったことを自分なりに綴ります。

【1000字コラム】人を浄化するのは人

f:id:ryuuraita:20161116023722j:plain

 

1.私はその日、スピリットダンスを経験した

 

本当は今日は文章教室をする予定だったのだが、

 

クライアントさんが急用ということで教室を開催することが

 

できなくなってしまった。

 

電話越しにその日の仕事は終わるかなと思っていたが、

 

そのクライアントさんは

 

「教室はできないけれど、今から僕が行くスピリットダンスに行ってみませんか?」

 

と、提案をしてくれた。

 

そのスピリットダンスを主催している人のことは知っていたし、

 

企画の名前に自然と惹かれるものがあった。

 

私は特に内容なども確認せず、クライアントさんの

 

申し出に二つ返事をした。

 

1時間後ぐらいにクライアントさんに迎えに来てもらい、

 

私たちはスピリットダンスが開かれる公民館に向かった。

 

公民館の中には筒状のスピーカーが部屋の四方に置かれていた。

 

そこから洋楽やクラシックの曲が流れており、まるで神経を

 

自然と撫でられるような気分がした。

 

主催の人からは「とにかく音を聞いて、動きたいように動いてください」

 

とだけ言わた後、スピリットダンスがはじまった。

 

参加者は主催者が音に合わせた自然な動きを見ることなく、

 

目をつぶって自分が聞いた音を頼りに、自然と手足を動かしていた。

 

私も目をつぶって音に身を任せていると、

 

不思議と手や足は動いてくれた。

 

参加者と同じ動きをしているわけではないのに、

 

その空間で一緒に踊る人たちとの不思議な一体感があった。

 

私は言いようのない心地よさに包まれ、

 

心の重石をちょっとだけだが動かせた気がした。

 

2.終わった後、私はクライアントさんに駅まで送ってもらった

 

スピリットダンスに誘ってもらったお礼を言ってから、

 

私はクライアントさんに手を振って別れを告げた。

 

その後、私は急に友人に会ってメシをしたくなった。

 

理由はわからない。

 

だが、無償に誰かに会って一緒にメシを食べたかった。

 

私は夜の22時以降でもメシを喰えそうな友達に電話をして、

 

一緒にメシを食べることになった。

 

3.人を浄化するのは人だけである

 

友人とメシを食べていて思ったが、

 

私はいつの間にか普段から抱いていた

 

不満を自然と口にしていた。

 

基本的には悪口やネガティブなことは言わないが、

 

思わず私は自分の毒を吐きまくっていた。

 

「今日はきついですね」なんて言われて、

 

私はそいつの顔を見ながらつい笑ってしまった。

 

久々に馬鹿笑いをしながら、友人の近況なども

 

話していると夜の1時を超えていた。

 

ダンスが私に何らかの変化を与えたのかどうかはわからない。

 

友人に至っては、ただ馬鹿笑いをしたに過ぎない。

 

だが、そんな細やかな事象が私にとって大事で、

 

やさぐれた心を浄化さえるのだと確信させてくれた。

 

-----------------------------------------------------------

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

ryuuraita.hatenablog.com

 

ryuuraita.hatenablog.com