読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここだけのはなし

10人見れば、10通りの解釈がある。日常にてふと思ったことを自分なりに綴ります。

一本の糸

エッセイ・随筆 小説

f:id:ryuuraita:20160327222516j:plain

 

衣服点で働くサトコは、誰ともわからない衣服を修繕する仕事をしていた。

 
ある日、一本のジーンズがやってきた。
 
直そうとしたが、青いジーンズに合う糸が無くて赤色を使うことになった。
 
ジーンズをサトコが直している間、持ち主のトオルは1人で公園を散歩していた。
 
トオルは普段美容師として働いており、その店にはよくミサが来ていた。
 
ミサはスナックで働いていて、公私ともに彼のお世話になっていた。
 
ミサがお店で働いているとき、コウジはかならず彼女を指名した。
 
コウジは妻とも別れ、寂しさからミサを指名することが多かった。
 
コウジは普段公園でクレープを焼いていて、その味は評判だった。
 
ミサはクレープの話をコウジから聞いていたので、友だちのサトコと一緒にちょくちょく通っていた。
 
サトコもクレープにはまり、休みの日に1人で買いに行くぐらいはまっていた。
 
ある日、サトコが公園へクレープを買いに来たときだった。
 
「……あっ」
 
サトコがクレープを買っていると、ジーンズを履いた男が近づいてくるのを見つけた。
 
そのジーンズには見覚えがあった。
 
あの日、合う色が無くて赤い色で縫ったジーンズ。
 
「えっと、僕の顔に何かついてます?」
 
サトコはおかしくて、つい笑ってしまう。
 
トオルはわからなかった。
 
わからなかったけれど、悪い気はしなかった。
 
「一緒に、いいですか?」
 
サトコはにっこりと、クレープを渡しながら答えた。