読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここだけのはなし

10人見れば、10通りの解釈がある。日常にてふと思ったことを自分なりに綴ります。

心のない男と、心を持つアンドロイド・2

f:id:ryuuraita:20160210131752j:plain

 

ベランダから部屋に戻り、私は乾いた喉をいやすため冷蔵庫へ向かう。

 

 

中には水と長期保存できる食べ物しか入っていない。

 

 

チーズやベーコン、納豆、ジャム……。

 

 

生活に必要なものだけで、それ以外のものは入れない。

 

 

それが、私の信条だった。

 

 

ペットボトルに入った水を取り出して、口にしようとしたとき。

 

 

玄関のほうからチャイムが鳴った。

 

 

昼時に誰だ?

 

 

私のところに来るのは、編集関係の人間か宅配業者ぐらいだ。

 

 

どの業者の人間も、事前に私への連絡があるはずだ。

 

 

今日は何の予約も聞いていない。

 

 

私は不審に思いながら、玄関に向かってドアスコープを覗く。

 

 

そこには、小学校高学年ぐらいの、キャップ帽をかぶった子どもがいた。

 

 

私に気付いたのか、しきりに「すみません」と声を上げている。

 

 

無視しようか、と思った。

 

 

しかし、私が考えている間も少年は「すみません」を繰り返していた。

 

 

周りから変な噂を立てられてもまずい。

 

 

私はドアチェーンを開けて、少年と対面した。

 

 

ビクッ、と体を震わせる。

 

 

何とも少年らしい反応だな、と思った。

 

 

まるで「そのような反応をすることが人間だ」と、誇示するように反応していた。

 

 

「どうしたんだい?」

 

 

私の質問に、少年は口をまごまごさせながら答えた。

 

 

「あの、ベランダでタバコ」

 

 

「なに?」

 

 

「あっ、いえ……。あの、ベランダでタバコ、吸っていましたよね?」

 

 

この少年、1階から20階にいた私を見つけたのだろうか。

 

 

しかも、タバコを吸っている私を。

 

 

少し気味悪く思いながら、私は生返事をした。

 

 

「そのとき、灰を落としましたよね」

 

 

少年はポケットから、丸く包められたティッシュを取り出した。

 

 

ティッシュを丁寧に広げていくと、タバコの灰によってくすんでいた。

 

 

しかし、どのようにして灰など集めたのだろうか……。

 

 

地面に落ちるか、もしくは空中にある灰をかきあつめることなんて、普通の人間には不可能だ。

 

 

では、目の前にいる少年は、普通の人間ではない。

 

 

と、すれば……。

 

 

「お前、アンドロイドか」

 

 

私の質問に、少年はおどおどしてキャップ帽を目深にかぶる。

 

 

私はため息をついて、次第に状況がわかってきた。

 

 

こんな少年を私の前に送るのは、編集者と宅配業者以外では、あいつしかいない。

 

 

「近くにいるんだろ。そろそろ出てきたらどうだ、早乙女」

 

 

to be continue