読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここだけのはなし

10人見れば、10通りの解釈がある。日常にてふと思ったことを自分なりに綴ります。

心のない男と、心を持つアンドロイド・1

 f:id:ryuuraita:20160210131752j:image

 「……よし」

 
私はキーボードから手を離して、
 
目の前のディスプレイに映る文章を印刷する。
 
印刷された文書を眺めてから、
 
ひとり部屋で「よし」とうなづく。
 
私は文章の誤字・脱字だけ訂正して、
 
念のため保存してからクライアントに
 
送信する。
 
数分後、クライアントから返信があった。
 
「素晴らしいです‼︎ 毎度ありがとうございます」
 
いつもと同じ、決まり文句となった文章。
 
わたしは背伸びをしてから、
 
ベランダに出てタバコを吸う。
 
同じような文章を延々と書いて、
 
その文章の良さがわかっているのか
 
わからない会社は私の言いなり。
 
また私の文章が世の中に出回り、
 
誰かの目にふれる。
 
その人もまた、私の文章ではなくて
 
「矢野タカシ」という名前を読んでいるに過ぎなかった。
 
有名な著者としての、私の名前を読んでいるだけなのだ。
 
20階から見える街は、何とも退屈だった。
 
誰もが同じ格好をして、誰もが同じほうを歩く。
 
何のおもしろさも見出せない。
 
むしろ、この街から何を見出せばいいのだろうか。
 
私にはわからない。
 
わからないけれど、この町を歩くの人たちが
 
何を求めているか。
 
私には、それだけは何となくわかる。
 
他の人と同じようになれる情報。
 
自分にないものを埋めてくれる言葉。
 
傷を舐めるような詩。
 
私はタバコの灰をベランダから落とし、
 
自分の部屋に戻った。