読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここだけのはなし

10人見れば、10通りの解釈がある。日常にてふと思ったことを自分なりに綴ります。

愛煙家の憂鬱

小説

f:id:ryuuraita:20160202003147j:plain

 

私が勤める職場には、煙草を愛して止まない男性がいる。

 

周りの人にどれだけ煙たがられても、頑なに煙草を止めない。

 

仕事中やお酒の席でも、どこでも構わず煙草を吸っている。

 

そんな知り合いに対して、職場の人はヒソヒソと彼の陰口をたたく日々が続いていた。

 

陰口をたたく人たちは、副流煙発がん性の危険性を盾に、好き勝手言っていた。

 

ある日、僕は愛煙家の彼と県外へ出張することになった。

 

出張先ではレンタカーにて移動することになったのだが、彼は席に座ってから煙草に火を付けなかった。

 

発進してしばらくしても、煙草を吸うそぶりがなかった。

 

いつでも煙草を吸う彼が、レンタカーに匂いが付くことを考慮しているのだろうか。

 

「どうしたんだい?」

 

不思議そうな顔をする僕に、彼は質問をしてきた。

 

僕は自分が抱いていた疑問を、素直に吐露した。

 

すると彼は、大声を上げて笑い出した。

 

ますます混乱した僕に、愛煙家は言った。

 

「職場にいるやつらが、僕を煙たがっているのは結構。

 

僕だって、悪口をいうやつらを煙に巻くために吸っているんだから」