読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここだけのはなし

10人見れば、10通りの解釈がある。日常にてふと思ったことを自分なりに綴ります。

1000字コラム

【1000字コラム】仕事なんて地味でいい

取材をしていて思うのだが、仕事なんてのは生活するためにあるのだとほとほと思う。 こんな妙ちくりんな仕事をしている人間が言っても説得力などないかもしれないが、それでもこれは厳然たる事実で変えようのない現実だと思うのだ。 だから、よく言われる「…

【1000字コラム】平等を説く際に陥る逆説

闘うことを望む自分 最近の自分の中で大きな変化と言えば、別に闘うことを否定しなくなってきているところだと思う。色々な環境による変化や元々の田舎っぽさの再発なのかわからない。 ただ、協調とか助け合いというのが、今では「引っ張り合い」にしか聞こ…

【1000字コラム】情報のインプットとアウトプットにおける人と機械の差異・1

http://rocketnews24.com/2015/07/02/603628/ 1.機械に奪われる人の仕事 現代では数々の仕事が機械に奪われ、そのうち人のやる仕事は無くなる。 これは科学者や学者がよく言っていることで、SF小説や映画でも提唱されることである。 これに加えて人工知能の…

【1000字コラム】「WELQ」をはじめとするまとめサイト記事の問題は今にはじまったことではない

1.「WELQ」問題なんて氷山の一角 headlines.yahoo.co.jp 今、「WELQ」をはじめとするキュレーションサイトにおける記事の是正について話題が飛び交っている。 これはライターにとって死活問題のように見えるが、それはそのサイトで稼いでいる人に限ったとこ…

【1000字コラム】「普通」という恐怖

1・俺は久々に友人に会った 俺が待ちを歩ているときだった、急に後ろから懐かしい声が聞こえてきた。 振り返ると小学校から高校まで同じだった友人で、たまに遊ぶことがあった。 進学先の大学は違っていたこともあり、成人してからはまったく合っていなかっ…

【1000字コラム】人を浄化するのは人

1.私はその日、スピリットダンスを経験した 本当は今日は文章教室をする予定だったのだが、 クライアントさんが急用ということで教室を開催することが できなくなってしまった。 電話越しにその日の仕事は終わるかなと思っていたが、 そのクライアントさん…

【1000字コラム】ドリーの悪夢

1.人の「性質」までは変えられない 私は俗に言いバブル期に幼少を過ごし、 つつましい家庭で生まれ育った。 ただ生きた地域が少し田舎で、 何もない場所で、 人が身を寄せ合わせなければ 生きづらい地域だっただけである。 それ以外には概ね不満は別になか…

【1000字コラム】群れることの無意味さ

1・群れるのが嫌いである 先日、私はとある人の元へ営業に行っていた。 その人は地方都市では珍しく、群れることに 抵抗を覚えている人だった。 私は職業柄ということもあるし、本質的に 群れることが嫌いな人間なので、営業の話 そっちのけで一匹狼談議に花…

【1000字コラム】がめつく生きたっていいじゃない~残業や会社勤めで辛い人に贈る言葉~

https://twitter.com/kadikadisake/status/794515726920912896 1・過労死が増える現実 最近は過労死や労災がまったく機能していないことで、 数々の労働者が苦しめられている事案を多く見かける時代になった。 ある大手企業でも100時間の残業が問題になり、…